京都市中京区 中京西洞院整骨院

中京西洞院整骨院

肩の痛み 五十肩

肩の痛みの原因は?

肩の痛み 五十肩一日中のデスクワーク、長時間の運転で肩の痛みやコリを感じたという経験はありませんか?

同じ姿勢を続けたり、特定の筋肉ばかり使い続けていると、筋肉が硬くなって周囲の血管などを圧迫してしまいます。

そうすると血流が悪くなり筋肉への酸素が行き難く、老廃物も溜まってさらに筋肉が硬くなってしまうのです。

この悪循環が慢性的な痛みやコリをうみだしてしまう大きな原因の一つになっているのです。

五十肩とは?

五十肩は、中年期以降、特に50歳代に多くみられ、その病態は多彩です。

関節を構成する骨、軟骨、靭帯や腱などが老化して肩関節周囲の組織に炎症が起こることが、主な原因と考えられています。

原因?

五十肩は、中年期以降、特に50歳代に多くみられ、その病態は多彩です。

関節を構成する骨、軟骨、靭帯や腱などが老化して肩関節周囲の組織に炎症が起こることが、主な原因と考えられています。

日常生活での対処法は?
夜間痛があるとき

激しい痛みの為に、夜寝る事ができない場合は、クッションや座布団を2つに折り悪い方の肩から肘にかけて敷き、肩の負担を少なくします。

さらに、クッション等を腕に抱えて寝ると、痛みがより和らぎます。

服を着替えるとき

肩や腕を挙げたり、後ろに回す動作をすると痛みが強まる為、着替えが辛くなります。

そこで、服を着る時は痛い方の腕から袖を通し、脱ぐ時は痛くない方の腕から脱ぐと、痛みを抑えて脱ぐことができます。

セーターやシャツ、パジャマなどを前開きのものにすると、肩にあまり負担をかけずに着替える事ができるようになります。

逆に、帯を結んだり、エプロンを結ぶ動作は非常に辛いので、背中や腰で、紐やファスナーなどを使う衣服は、避けた方がよいでしょう。

肩の痛みやコリの解消法は?

色々な原因が考えられる中で大きく関わってくるのが、血流の悪さからくる酸素供給不足と血管・筋肉にたまる老廃物の存在です。

それらを改善することが、肩の痛みやコリを解消する近道の一つです。

当院では、患者さまに合った解消法を提案させていただいています。

キネシオテープでも肩の痛みやコリが解消される?

キネシオテープを貼ることによって、キネシオテープ特有の伸縮力で皮膚と筋肉の間に隙間がうまれ、血流の流れがよくなります。それがコリの解消につながっていきます。

キネシオテーピングの案内 体幹矯正ストレッチの案内